市総合体育館!いよいよアスベスト除去工事! (2005/11/01)

asbestos5.jpg 小樽市総合体育館(花園5)の二度にわたるアスベスト落下。このため、市は、8月1日(月)18:00から体育館を全館閉鎖している。


 閉鎖から約2ヶ月、9月29日からアスベスト除去工事のための準備作業が進められていた。そして、11月1日(火)、小樽市は、いよいよ本格的なアスベストの除去工事に着手した。


 除去工事は、約3,600平方メートルの天井と梁に吹き付けられたアスベストが対象。床から約14mの高さの足場を組み立てて、へらなどを使って除去をする。その際に、特殊な吹き付け剤を使用し、アスベストの飛散を防止。天井を3区画に分けて、除去工事を順次進める。工事期間は4月25日までで、予算は約1億5,000万円かかる。


asbestos6.jpg 工事中もアスベスト濃度測定を行ない、体育館外への入退場や機材・廃棄物の搬出により、アスベストの飛散を防止するためのセキュリティーゾーンを設置する。小樽市建設部・白川克己建築住宅課長は、「万全を期して、アスベストの飛散がない形で安全を確認しながら、除去工事に取り組む」という。


 除去後、館内の濃度測定を行ない、結露や音響対策のため、新たに断熱材を吹き付け、5月1日をめどに使用を再開する予定。


 関連記事1 関連記事2  動画

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


百貫神輿に担ぎ手230人!住吉神社例大祭

有料入館者1,800万人達成 おたる水族館

酷暑の小樽祭り 入船六三町会子ども神輿

7/13飲酒運転根絶の日!銭函事故から3年

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈