火災跡地からの復活!小樽都通りに2店舗オープン! (2005/11/14)

 丸井今井小樽店の閉店などで、商店街の活気も薄れる中、小樽都通り商店街を襲った2月の火災から9ヶ月。そんな都通りに明るいニュース。火災跡地に2店舗が11月1日(火)と12日(土)に相次いで復活オープンした。

 1店は、支店として新規オープンした婦人洋服店の「ハカタ」(山岡セイ子社長)。もう1店は、火災で全焼した「佐々木時計店」(佐々木盛一社長)が、元の場所で営業再開となった。

 1日にオープンした「ハカタ」は、花園で40年も続けてきている洋服店の支店。山岡社長は「こんな難しい時代に新しいお店を構えられ、本当にがんばらなければ」と喜びと意欲を語る。「佐々木時計店」は、10月末に営業再開の予定だったが、準備に時間がかかっため、12日に再スタートとなった。

 火災前は1棟の中に、4店舗が並んでいたが、現在は2棟に分かれた。このうち、出火元となった旧100円ショップの場所には、新たに3階建ての建物が建設中。

 その隣の「ハヤシヤ洋服店」は火災後、同じ都通り内の別の自店舗で営業を開始している。「15年商売を続けた場所を移るのは容易ではなかった。無事建って他店が営業を開始出来て良かった」(石山和則店長)と、新店舗の開店を喜んでいる。

 「佐々木時計店」の横で営業していた「若林メガネ」は、営業再開の予定はない。現在、その場所は空き店舗となっている。

 暗いニュースが続く中、火災跡地からの洋服店と時計店の復活オープンは、都通りの商店街に久々の明るいニュースとなっている。

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈