小樽テレビ"/> 第10回文化セミナー「読む 聞く」、講師に立花隆氏!  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
第10回文化セミナー「読む 聞く」、講師に立花隆氏! 小樽テレビ (2005/11/20)

 特定非営利活動法人「絵本・児童文学研究センター」(色内1)主催の第10回文化セミナー「読む 聞く」が、小樽市民会館大ホールで、11月20日(日)12:00から開かれた。


 同センターの行っている文化セミナーは、今回で10回目を数える。日本を代表する文化人を講師に迎え、毎回、テーマ別に熱心な講演と鼎談が行われてきた。


 いままでの講師には、大江健三郎・梅原猛・岸田今日子・谷川俊太郎・筒井康隆・山田太一・養老猛司らの文化人が名を連ねている。


 10回目を迎えた今回のセミナーには、同センター・河合隼雄名誉会長・文化庁長官と評論家の立花隆氏を講師として迎えた。「読む 聞く」のテーマに沿って、約30分ずつ話した。立花、河合両氏は、それぞれの人生経験を踏まえ、「読む 聞く」に関する体験を様々な表現で話し、会場の関心を集めていた。


 講演後には、詩人の谷川俊太郎氏をコーディネーターとして、3人の鼎談が行われた。


 谷川氏の「私は図鑑や百科事典を、幼い時に読みましたが、読書はよくされたんですか」との問いかけから、鼎談が始まった。立花氏は「私は小さい時からよく本を読む子供だった。ありとあらゆる本を読んできました」


 河合会長は「読書は好きでした。でも、当時は外で遊ぶ子が良い子だったから、僕なんてホント悪い子だったんですよ」と述べ、聴衆にドッと笑いを呼び起こしていた。


 立花氏は「本には限界がある。インターネットで検索すると、どんな小さなことでもたくさんの情報が出てくる。ハイパーテキスト形式による、すべての言葉をキーワード化しているため、全世界からあらゆる情報が入ってくる」と、現在のインターネット時代の効能を語り、河合会長は「ネットに対抗する知識も得なければいけない」など、ネットへの話題へ「読む 聞く」の話が大きく広がっていった。会場では、約1,000人の聴衆が、3人の話に聞き入っていた。

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

全道火災予防運動!フェリーターミナルで訓練

4/20郵政記念日 小樽でも記念イベント

4月19日"飼育の日" おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈