団塊世代よ、北海道に住もう!移住促進協議会が発足! (2005/09/30)

iju.jpg 首都圏に住み定年退職が間近い団塊世代を対象に、北海道移住を促進しようと、道内14市長が、9月28日(水)小樽市に集まり、「北海道移住促進協議会」を設立した。


 小樽市など道内市町村は、少子高齢化の波に洗われ、人口減少がつづき、人口の増加対策は迫られている。2007年から団塊世代が大量に定年を迎えるのを受け、首都圏の団塊世代をターゲットに、道内5市9町の14市町が連携して「北海道に住んでみたい人」に移住促進を呼び掛ける。


 28日(水)14:30から小樽グランドホテルで開かれた設立総会には、小樽市、函館市、綱走市、室蘭市、伊達市の5市と、森町、八雲町、中標津町など9町の代表者が集まり「協議会」を発足させた。


 同協議会の会長には、井上博司函館市長がつき、副会長に小樽市、伊達市、上士幌町がついた。


 同協議会では、今後、移住促進に関するPR活動や移住ビジネスモデルの創出に向けた研究などを重ね、移住促進のために必要な取り組みを行うことにしている。


 小樽移住計画ページ

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


らいでんメロン 小樽で初せり5玉15万円!

小樽初 0歳からのジャズライブ!

ジャナグル日本縦断ツアー!ロース幼稚園

小樽龍宮神社例大祭!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈