小学校統廃合の「実施計画(案)」を取り下げ!異例の白紙撤回! (2005/09/13)

syogaku.jpg 小樽市(山田勝麿市長)と小樽市教育委員会(西條文雪委員長)が強力に進めてきた、4小学校の統廃合を図る「小学校適正配置実施計画(案)」が、取り下げられた。この決定が、9月13日(火)13:00から開かれた、小樽市議会の学校適正配置等調査特別委員会で報告され、市議会各会派が取り下げを歓迎する異例の展開となった。(写真は量徳小)


 「小学校適正配置実施計画(案)」の取り下げは、9月8日(木)開催の教育委員会第22回臨時会で決定された。その内容は、1.「小樽市小学校適正配置実施計画(案)」を取り下げる。2.小樽市立堺小学校を平成18年3月31日で廃止し、同校の通学区域を、平成18年4月1日より、小樽市立稲穂小学校及び小樽市立花園小学校の区域に編入する、というもの。


 これにより、これまで統廃合の対象だった4校のうち、量徳小・手宮小・北手宮小の3校の、2006(平成18)年度の廃止は、白紙に戻された。堺小については、小規模校としての統廃合につき、保護者の総意が得られたとして、2006(平成18)年度3月31日で廃止されることになった。


 実施計画(案)の取り下げは、これまで開催された説明会で、保護者の賛同が得られず、4万人を超える反対署名が集まったため、市も強行策を諦めて、白紙撤回に追い込まれた。


 教委の菊譲教育長は、「50回以上開いた説明会では、4校に留まらず、全市的な計画を作れという意見が多かった。今回は案を取り下げたが、再度、全市的な見直しで、小樽の小中学校全体の適正配置を考え、学識者や市民を入れた審議会で進めていく」とした。


 今回の教委の取り下げ決定に市議会各会派は、「思い切った決断」(自民)、「取り下げを評価」(公明)、「運動の成果」(共産)、「撤回はかなりの英断」(平成会)、「決断に敬意を表する」(民主市民)と、諸手を挙げての歓迎意向を示した。


新市立病院の建設,量徳小跡地を断念!築港地区に変更!


 これにより、窮地に立たされたのが、量徳小跡地に新市立病院の建設計画を進めてきた山田小樽市長だ。「適正配置案が実行されることを祈っていたが、なかなか理解が得られなくて残念。残念ながら、量徳小の跡地は難しくなった。第2の候補地として、築港地区の検討に入りたい」と、量徳小跡地の断念と築港地区への再検討を余儀なくされることになった。


 しかし、築港地区では、JR用地を新たに取得しなければならず、財政危機の真っ只中にある市財政を、さらに圧迫することは、火を見るより明らかなうえ、巨額の建設費を工面しなければならないなど、これまでとは違った局面に立たされることになった。


 いずれにせよ、今回の「小学校適正配置実施計画(案)」の取り下げ、白紙撤回に追い込まれたことは、市や市教委の指導力に、大きな疑問符を抱かせるものとなった。取り下げで、鳴り物入りで強行に進めてきた「適正配置案」が、実は「不適正配置案」だったことを、自ら認めざるを得ず、今後の小樽市の教育行政に大きな影を落とすこととなった。


 同時に、与野党を問わず、白紙撤回を“歓迎する”市議会には、これまで多くの時間を割いて論議してきたものは、一体何だったかの疑問が湧くことになり、今後に問題を残すことになった。


 結局、市教委の一人相撲に踊らされたのは、保護者や生徒、現場教員たちで、これら関係者の心労を考え合わせると、今回の取り下げが、市の重要施策の変更をも迫ったことの責任は、極めて重いと言わざるを得ない。この点で、市議会特別委の質疑も、十分であったかどうかは疑問の残るものとなった。


 関連記事1 関連記事2 関連記事3 関連記事4




     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


おたる春祭り開幕 多彩なイベント満載!

豪華客船2隻目!パナマ船籍“ブレーメン”寄港

"第72回招魂祭" しめやかに挙行

自慢の喉を披露!民謡決勝大会

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈