小樽テレビ"/> 鉄腕唸るアームレス!北海道選手権大会開く!  (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
鉄腕唸るアームレス!北海道選手権大会開く! 小樽テレビ (2005/08/28)

 日頃鍛えた筋骨隆々の鉄腕同士が、がっぷり組み合って勝負を決める、「2005年第19回北海道アームレスリング大会」が、小樽市で8月28日(日)10:00から開かれた。


 会場となったウイングベイ小樽5番街1階ネイチャーチャンバーには、札幌や釧路、室蘭など全道各地から、腕自慢の男女選手122名が集まった。


 受付・検量を済ませた選手たちは開会式に臨み、11:00から開始された予選トーナメントに挑んだ。階級は、男子ライトハンド-60kg級・-70kg級・-80kg級・-90kg級・+90kg級、男子レフトハンド-75kg級・+75kg級と、女子無差別級の8クラス。予選と敗者復活で勝ち上がった鉄腕選手が、15:30からの各クラスの決勝戦で対決した。


 一瞬の間に勝負が決まるものや、両者がっぷりと組み、互いに譲らぬものなど、熱い戦いが次々と繰り広げられた。優勝者のガッツポーズやバック宙返りに、会場からは大きな拍手が送られていた。


 北海道アームレスリング連盟主催の、北海道アームレスリング大会は、1980(昭和55)年に第1回大会が開催され、第2回大会は1988(昭和63)年で、第3回大会が1989(平成元)年9月に開かれた。以降、平成に入ってから毎年開催され、今年で19回目を数えている。


 同大会で、小樽市の選手が、第1回男子グランドチャンピオンを獲得してから、小樽市ではアームレスリングが盛んになった。以降、各年度の大会でも、小樽の選手が上位に名を連ね、小樽がアームレスリングの牙城になった。


 このため、同連盟の本部や事務局も小樽市に置かれ、世界で一番小さなスポーツといわれるアームレスリングが、小樽市で根付いた。


 今年の大会は、予定していた100名を大幅に上回る122名もの選手が集まった。この内、小樽の選手は25名を数えた。


 8月最後の日曜日となったショッピングモールに、各選手の戦いの掛け声が響き渡っていた。


 関連記事


 日本アームレスリング連盟HP


list.jpg

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース


後志自動車道小樽JCT~余市IC間 開通

冬季営業安全に!天狗山スキー場安全祈願祭

第43回勧仁塾道場杯争奪空手道選手権大会

20181130小樽市長定例記者会見

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈