共産党が反対、議員定数削減は“空中分解”!市議会検討会議! (2005/08/19)

zaisei2.jpg 小樽市が財政再建団体転落の危機にある中、議会として財政再建に自主的に取組む、「財政再建に関する小樽市議会検討会議」(座長・佐野治男副議長)の最終回が、8月19日(金)13:00から開かれた。


 同会議では、これまで計8回にわたり、各会派の代表者が集まって開催し、議員報酬や視察旅費、費用弁償、政務調査費などは、まがりなりにも各会派の一致を見て、若干の引下げが確認されている。


 しかし、最も削減効果が大きく、財政に寄与することが出来る議員定数(32)削減については、各会派の意向は大きく割れ、結論に至っていなかった。


zaisei1.jpg 最終回となった19日も、議員定数削減についての各会派の意向は、自民2減の30人、公明4減の28人、平成会4減の28人、民主・市民連合2減の30人、共産が現状維持の32人と変わらなかった。


 同会議は全会一致を原則としているため、各会派の主張の距離が埋まらなかった。自民・民主市民連合の主張する2減に、公明・平成会が歩調を合わせようとしたが、共産党が反対し現状維持の32人を強く主張したため、会議としての全会一致はなく、“空中分解”のまま、最終報告がまとめられた。


 最終報告を受けた中畑恒雄議長は、「議員削減について、各会派が一致せず、残念なことだが、次回選挙まで定例会は6回あるので、その間に各派代表会議や議運で、定数問題を審議してもらったら良いのではないかと思う。削減で一致出来なかったのは、まだひとつ、物足りないところがあった」と、今後の検討課題として、引き続く意向を表明した。


 関連記事1


report.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


GW桜見頃!4/29オープン 手宮緑化植物園

最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

全道火災予防運動!フェリーターミナルで訓練

4/20郵政記念日 小樽でも記念イベント

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈