秋風とともに「2005小樽鉄路写真展」! (2005/08/29)

 夏の名残りで日中は暑いものの、夜に入ると秋風を感じる晩夏の小樽市内で、旧手宮線跡地を利用した「2005小樽鉄路写真展」が、8月29日(月)から始まった。


 「2005小樽鉄路写真展」は、今回で6回目。旧手宮線の鉄路上や枕木、周辺の壁や塀を利用しての写真展。約40人が参加し、270点以上の作品を思い思いに展示している。


 カラーや白黒で、出品者のモチーフを表現した作品が並ぶ。鉄路の上や木の下、雑草の間からのぞく屋外での作品展は、なぜか小樽の雰囲気とピッタリ。


 同展は、8月29日(月)から9月11日(日)までの14日間。夜にはライトアップもされ、雰囲気を盛り上げる。夏の終わりと、秋の始まりを告げる風物詩ともなった同展を、ゆっくりと観賞して秋を迎えたい。


 「知り合いに言われて来てみた。すぐ近くに住んでるのに知らなかった。最初は、鉄路展っといっても想像出来なかった。鉄路の写真展だと思っていた」(小樽市・佐藤元紀さん)


 「好きな作品には感想を書いてる。でも、感想ノートがないのもあるから、好きな作品全部に感想を書けない」(札幌市・本間香純さん)

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈