踊りや太鼓が響く能楽堂!一般芸能が能楽舞台に挑戦! (2005/06/24)

 小樽市能楽堂(花園5-2)の一般公開が、6月24日(金)から始まった。


 一般公開初日の24日(金)は、今年初の試みとして、能楽舞台を一般芸能にも門戸を開いた。午後1:00から始まった舞台には、ひょうきんな踊りの「宝来ひょっとこ踊り」、和太鼓やオカリーナの音色、物語の読み聞かせなどが公開された。


 能舞台を囲む観客席は、200席用意された椅子もファンでほぼ埋まる盛況となった。


 この日、能舞台に上ったのは、小樽オカリーナ友の会、札幌よみきかせボランティア「SKY」、宝来ひょっとこ踊り、和太鼓おたる打々鼓の4つ。


 能舞台上で繰り広げられるコミカルなひょっとこ踊りや、新作太鼓劇「ごんべい太鼓」、大きな舞台用絵本を用意した荒唐無稽な物語の読み聞かせ、土の香りの音色を響かせるオカリーナが次々と披露された。


 それぞれの公演には、舞台を取り巻いた観客からは、大きな拍手が寄せられていた。


 能楽堂の1回目の一般公開は、6月24日(金)~26日(日)で、第2回目の公開は7月1日(金)~3日(日)までの計6日間。公開時間は午前9:00~午後6:00。6月25日・26日と7月1日~3日は能舞台で、謡・仕舞・舞囃子が、観世流・宝生流・喜多流の小樽や札幌の各会によって演ぜられる。


 パンフ  ◎スケジュール

動画1
動画2

動画3

動画4
動画5
     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


冬も楽しい水族館!冬期営業開始

小樽笑店・たるわランド!手作りゲームに笑顔

年賀状受付開始!運がっぱと園児達が投函

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈