旧板谷邸「海宝樓」で温泉掘削! (2005/05/17)

kaihoro.jpg 小樽市東雲町1丁目にある旧板谷宮吉邸を観光施設として再利用している「海宝樓」で、温泉掘削工事が始まっている。


 4月26日からオープンした「海宝樓」は、小樽が生んだ海運王・板谷商船の創立者・板谷宮吉氏の邸宅だったものを、レストラン・入浴施設として一般公開した。


 5月のGW中には、一般公開を知って訪れる人も多くなっていた。しかし、入浴施設は沸かし湯で温泉が出ないため、GWが終わったため温泉掘削が開始された。


 掘削のための30mのヤグラが邸内に建てられ、先週から掘削を始めた。急傾斜地のため、掘削では水を流すことが出来ず、水は薬剤を入れて循環して使用しているという。1300mまで掘削する予定で、工事期間は2カ月。7月には掘り当てたいと作業が続く。


 温泉掘削は1m当たり、一時期は10万円と言われていたが、現在は石油掘削会社などの参入もあり、競争が激しく、1m3万まで低下しているという。


 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


らいでんメロン 小樽で初せり5玉15万円!

小樽初 0歳からのジャズライブ!

ジャナグル日本縦断ツアー!ロース幼稚園

小樽龍宮神社例大祭!

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈