豪雪で市も市民も除排雪に懸命! (2005/01/26)

 先週から降り続いた豪雪で、小樽市の除雪対策本部(本部長・鈴木忠昭助役)は、26日「異常降雪による今後の対応について」を明らかにした。


 1月26日(水)現在の降雪量累計は276cm、積雪深117cmで、過去5年平均では降雪量160.6cm、積雪深65.8cmで、今回は降雪量・積雪深でも上回っている。  動画1  動画2

 このため、除排雪に対する市のしっかりした対応を求める市民が多い。25日(火)には、市民からの苦情・情報提供などは180件に及んでいるという。これは1月5日の降雪時でも50件で、通常でも多くても50件位ということからしても、3.6倍も多い。市民の除排雪に対する苛立ちが窺える。


 市の除雪対策本部では、今回の降雪に対応するために、早期の対策で臨むことにしており、1996(平成8)年の豪雪以来の体制を取っているという。


 通常は、この時期では生活幹線道路を開けることはなかったが、例年より半月早く、4つのステーションで生活幹線道路を開けていく対応を取るという。


 26日(水)は、朝から冬晴れとなったが、市民は次々とトラックに乗せた大量の雪を、雪捨て場に持ち込み、大汗をかきながら雪と格闘していた。


 中央ふ頭の市民雪捨て場に来ていた人は、「富岡から来るが、1回来て捨てて帰るまで、1回1時間かかってしまう。人に頼むと1回の雪捨てに3,000円と日当がかかる。あまりの雪の多さで、自分だけでは無理で、人を頼んで10回位往復しないと雪がなくならない」と、頭が痛そうだった。

 関連記事1 関連記事2 関連記事3

snow.jpg
     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


夏を満喫!いかだレース大会

6,000基の灯篭に祈り!おぼん万灯会

みんなで盆踊り!龍宮神社境内で復活

艶やかに高島越後盆踊り!8/18〜20

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈