開会中の小樽市議会で会派代表質問! (2004/12/07)

開会中の小樽市議会で会派代表質問!

council.jpg
council2.jpg
council3.jpg

 開会中の小樽市議会12月・第4回定例会で、7日(火)13:00から、会派代表質問のため本会議が開かれた。

 7日(水)の会派代表質問は、共産党と自民党の二党によるもの。13:00から本会議は開かれたが、直ちに休憩に入った。再開されたのは45分後の13:45から。第一質問者の共産党新谷とし議員から、出席要求のあった西條文雪教育委員長が、所用のため遅刻することが明らかになり、午前中に開いた議会運営委員会で休憩をして出席を待つと決まり、理事待ちの休憩が45分間取られた。

 再開された本会議で、菊譲教育長から「45分審議が遅れたことを深くお詫び申し上げます」と陳謝の発言があった。市議会が理事者待ちで本会議の審議が延び、理事者が陳謝するのは極めて珍しい。

 会派代表質問には、共産党の新谷とし議員と、自民党の吹田友三郎議員が立った。質疑は、約19億円のカラ財源計上で苦境にある市の財政問題や、市の施設使用料改定、小学校の統廃合問題を中心として行われた。

 財政問題に関する答弁で、山田勝麿市長は、「個人所得額や納税義務者の減少などで、税収の予定額の確保は難しく、19億円の赤字を解消するのは大変難しい」と、年末の予算編成もままならぬ実情を述べ、「新たな財政再建の枠組みをどうするか、財政再建団体に陥らぬよう努力していく」と答えた。

 会派代表質問要旨

 関連記事

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


豪華客船2隻目!パナマ船籍“ブレーメン”寄港

"第72回招魂祭" しめやかに挙行

自慢の喉を披露!民謡決勝大会

美術館にセラピードッグ集合! 活動を紹介

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈