市の新教育長・菊譲氏に辞令交付! (2004/10/18)

kiku.jpg
 石田昌敏前教育長の後任として、新たに教育長に選任された、前堺小学校長・菊譲氏に、10月18日午前、山田勝麿市長から辞令が交付された。


 3期12年(1992~2004年)にわたり、市の教育行政に携わってきた、石田昌敏前教育長の後任として、10月18日から菊譲・新教育長が就任。小樽市教育委員会の実務責任者として始動した。


 石田前教育長は、1992年(平成4年)から3期12年にわたり教育行政に携わり、10月17日に任期を迎えていた。新教育長の任期は、2004年(平成16年)10月18日から2008年10月17日までの4年間。


 菊新教育長は、小樽生まれ・小樽育ちの樽っ子。1946年(昭和21年)5月生れの58歳。1969年(昭和44年)、北海道教育大学札幌分校を卒業し、小樽市立手宮西小・幸小の教論として教員生活をスタート。のち、北海道教育庁義務教育指導主事や学習課長などを歴任。1999年(平成11年)忍路中央小校長、2001年(平成13年)量徳小校長、2002年(平成14年)小樽市教育委員会学校教育部長、2004年(平成16年)4月から、堺小の校長を勤めた、現場と教育実務を知るベテラン。


 「人は、生まれてから死ぬまで学習を続けなければならないので、生涯学習ということが大事で、市民や子供たちも生涯にわたって、学習意識を持ち続けられるよう、教育長として頑張りたい。小学校の適正配置なども、市民の意向を聞いて適正な対応をしたい」と意欲を語った。


 4年間の任期の間で、小樽教育の抱える諸問題、とくに小学校の統廃合による適正配置問題などで、どのような手腕を見せるか注目される。


 educate1.jpg
新教育委員リストはこちら


educate.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


ゴマフアザラシ"モエ"初産!おたる水族館

後志管内24団体集結!吹奏楽フェスティバル

6年間を思い出に! 緑小卒業式

春日和に賑わうおたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈