家庭ごみ有料化「実施計画」スタート! (2004/08/27)


 家庭ごみ減量化・有料化への取組みを進めている小樽市環境部は、27日(金)に「実施計画」を取りまとめ公表した。


 これは今年5月にまとめた「家庭ごみ減量化と有料化についての基本的な考え方」に基づき、6月から8月にかけて、38会場・約1,280人の参加での懇談会開催の意見要望を参考にして、「家庭ごみ減量化・有料化実施計画」として策定したもの。


 家庭ごみの有料化では、燃やすごみと燃やさないごみを有料とし、資源物、ボランティア清掃ごみを無料とする。


 有料指定ごみ袋の手数料は1リットル当り2円とし、燃やすごみ袋、燃やさないごみ袋はそれぞれ5種類(5、10、20、30、40リットル)とする。


 2005年4月1日実施の1ヶ月前からごみ袋を事前に販売。各家庭に20リットル袋各1枚を全世帯に配付。燃やすごみは従来通りの収集だが、燃やさないごみは週1回を2週に1回の収集に変更する。不法投棄対策を強化し、夜間パトロールなどを実施する。この実施計画に伴う説明会を、11月から200会場で実施するなどの内容となっている。


 市の安達栄次郎環境部長は、「市が行った懇談会で、一部反対意見もあったが、ごみの減量化・有料化については、市民が他都市での実施状況を知って理解してくれて、大多数の方の賛成を得られたので、ここでの意見を参考にしながら実施計画をまとめた。このための市条例の一部改正案と補正予算案を、9月の第3回定例会に提案する」と話した。


 小樽市の家庭ごみの有料化の背景には、市財政の破綻による影がさしており、各家庭での負担増や収集回数減(燃やさないごみ)などの不便さを強いられる市民の今後の反応が注目される。


gomi.jpg

     小樽市長選挙       Google ニュース       Yahoo!ニュース


最高気温21℃ 小樽で桜咲き始める

全道火災予防運動!フェリーターミナルで訓練

4/20郵政記念日 小樽でも記念イベント

4月19日"飼育の日" おたる水族館

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈