子供の日常いきいきと、 (2004/03/17)

 小樽市博物館(土屋周三館長)は、4月1日からの月がわり展示で、「卒業と入学の春ー白石コレクションから」のタイトルの展示を始める。この展示は、市内の塩谷小や色内小で教員を勤めていた故白石孝一氏が、昭和30年(1955年)代の、当時の小学校生活のさまざまな行事を、趣味であった写真で撮影した貴重なもの。
 スライド2,880枚、写真2,332枚からなる白石コレクションは、3月10日に家族から博物館に寄贈され、同館で資料整理を行い公開が可能となった。故白石氏は、写真がまだ十分に普及していなかった時期に、入学、遠足、運動会などの学校行事をこまめに撮影していた。自ら現像・焼付を行い、写真を児童に渡していたという。
 写真は、学校生活が主体になっているが、小樽の海岸風景や運河の写真も多く含まれている。写真に添えられているコメントが、当時のほのぼのとした学校生活をうかがわせ、貴重な資料となっている。
 小樽市博物館のページ
siraisi.jpg

     小樽市長選挙     Google ニュース     Yahoo!ニュース
     ◎ 記事で見る森井市政の2年間!問われる市長の資質


今季初の真冬日!積雪33cmの銀世界

松前神楽の合同公演会!龍宮神社

"運がっぱ"の仲間とライブ!新曲発表

珍しい大気光学現象!"幻日環"小樽で観測

ネズミイルカ出産2 (おたる水族館提供)

ネズミイルカ出産 (おたる水族館提供)

『オタモイ遊園地』開園当初の貴重な映像寄贈